Welcome
 

チャリティCD  for 東北 2011

Sounds for Pray/Colors〜絆〜

Official Website


この絵は2012.3.4に神戸のフェリシモホールで行ったチャリティコンサート「届けよう!Colors〜絆〜」のイベントの一つ、「みんなでアートを届けよう!」の塗り絵の下絵の最初のデザインです。                               京都在住のアーチスト渡辺チカラさんにデザインしていただきました。

本番の下絵はこれとはまた違った愛と夢に溢れた素晴らしいものになり、多くの方に色塗りをしていただき素晴らしい絵のメッセージが出来上がりました。          でもやっぱり私はこの絵がとても好きでイベントが終わってからチカラさんにお願いして譲っていただくことになりました。

この絵には多くのメッセージが描かれています。                     Colorsの象徴でもある虹。その大胆なタッチは力強さと明るい未来を感じさせてくれます。                                      そして被災地のあらゆる所で見受けられた向日葵。被災した家屋や倒壊した工場の片隅で見た向日葵は私の消沈した気持ちを癒してくれました。                 キラキラ輝く海は女川の海を思いださせてくれます。女川のおばちゃんらはみんな揃ってこの海はずっとエメラルド色にきらめいていたんだよと教えてくれました。多くの大切な命を呑み込んでしまった海なのにやっぱり海とは離れて暮らせないと言っていたのが印象的でした。                                      そんな海には鯉のぼりがはためく漁船が浮かんでいます。女川漁港で働く男達を思い出します。いち早く水揚げを再開した意味を語ってくれた加藤専務。あの言葉は今でも心の奥にあります。そして水揚げの現場での生き生きとした姿が働くことの素晴らしさを改めて教えてくれました。                                     パンダの仙台への誘致の話がまとまったというニュースを先日見ました。ちゃんと真実の絵になって良かったです。きっとたくさんの人々に夢と希望を与えてくれることでしょう。

Sounds for Pray Projectは東北への支援を微力ながらでも続けていきたいと思います。

そして最後になりましたが、この企画に賛同して下さり一緒にチャリテCD「Colors〜絆〜」の制作に参加して下さったミュージシャンの皆様、惜しみない協力をいただいた関係者の皆様とたくさんの仲間たちに感謝いたします。

本当にありがとうございます。


                                                  Director :  小南 義貴




This is the first draft of the coloring picture of "Let's Send The Art!" from the Charity Event held in Kobe,  "Todokeyo! Colors~kizuna~".                             This was drawn by Mr. Chikara Watanabe, an artist living in Kyoto.                                            

The final draft became somewhat different with much beauty filled with love and dreams, and was colored by many people with wonderful messages.                However, I was muched touched with this patticular piece, so much that I asked Mr. Watanabe if I could keep it.

This picture is filled with many written messages.                                               The rainbow,  a symbol of "Colors" is drawn with much strength and bright future which you can feel in the art itself.                                                                   And the sunflowers which were seen in many of the stricken areas, gave me comfort to my darkened heart.                            Also, the bright, shining ocean reminds me of the Onagawa Seas.The women of Onagawa all said that this ocean used to shine in emerald colors. I will never forget when they also said that even though the sea has swallowed many lives, they could never live away from it.                                                                                                    And in this ocean, there's a fishing boat with Koinobori flying in the sky.                                 This Onagawa Fishing Port reminds me of the men who work in the sea.                                   The words that Mr. Kato of the Onagawa Fish Mart who first restared the unloading the fish, will stay in my heart forever.And the sight of the men working to unload the fishes after the distruction made me realize once again the beauty of one's work.   I recently heard of the great news that the Panda was finally sent to Sendai, a news we all were waiting for.  I am very  happy that this finally came true.This is certain to bring hope and dreams to many people.                     

We, of the Sound for Pray Project members will forever treasure this picture, and will keep sending our prayers and assistance to Tohoku.

And last but not least,  I would like to give my greatest appreciation and warmest regards to all the staff, musicians and many friends who have made this charity CD, Colors~Kizuna~" come to life.  Thank you!!


                                                                     Director : Yoshitaka.Kominami                   

画 渡辺チカラ